column北九州の賢く正しい家づくりコラム

【北九州新築コラムvol.74】理想の家事ラクハウスの作り方

北九州市で新築住宅を建築するときには、たくさんの理想があると思うのですが、
そんな中でも、家事で新築住宅の中をたくさん働き回る奥様のご意見を取り入れていただくのをオススメします。
『家事や子育てのしやすい新築住宅』はどの子育て家族にとっても理想ですよね。
家事ラク
奥様の理想といえば、最もご要望の多い場所の一つはキッチンでしょう。
例えば対面型のキッチンは、火事をしながらでも、リビングにいるお子様がいつも視界に入りますに注意を払うことができるので、小さなお子様がいらっしゃる育て家族にとっては安心ですよね。
もちろん、小さいお子様がいないご家庭でも、家族団らんの中一人で家事をするのはなかなか寂しいものですから、リビングやダイニングにいらっしゃるご家族と会話できる対面型キッチンは大変人気です。
しかし中には、調理中のにおいや、目線で気が散るなどの理由から、壁に向かった背面型キッチンを希望される方もいらっしゃいます。
対面型か背面型か、使用頻度の高い奥様にとって理想のキッチンを計画しましょう。
忙しい奥様にぜひ検討していただきたいのが、家事動線です。
水回りをまとめ、料理や洗濯、掃除などの移動距離を減らすと家事の負担が軽くなります。
そのほか、毎日の行動に寄ってどのような家事動線がベストかは変わってきます。
洗濯物をどこに干すのか、そのために洗濯機のあるお風呂場をどこに設置するのかなど、生活や家事の仕方によって理想の家事動線は変わってきますので、
ぜひ家事ラクになる間取りを考えてみてください。
他にも子育て家族には、お子様の遊び場やお昼寝にも最適な畳コーナーや、お子様が泥だらけで帰ってきても玄関からお風呂場に直行できる回遊型の間取りも人気です。
理想の間取りの新築住宅が建てば、随分家事も子育も楽になりますから、ぜひご家族で話し合ってみてください。

北九州の賢く正しい家づくりコラム一覧に戻る

PageTopPageTop