column北九州の賢く正しい家づくりコラム

【北九州新築コラムvol.69】子育て世代必見!親子近居のメリット

北九州市で新築新築を建てようとしている人の中には、親世帯も同じ市に住んでいるという方もいらっしゃるようです。
近年ではそんな親世帯に「同居」をせず、しかし親世帯と子世帯の生活圏は同じという、「近居」という形態が非常に多くなっています。
「スープの冷めない距離」という言葉がありますが、近からず・遠からずの距離感に色々とメリットが有るようです。
今日は「近居」のメリットについて見ていきましょう。

親子近居

・子供のお世話を頼める
近年では保育園の待機児童が多くなっていることは皆様もご存知のとおりですが、働きたいお母さんやにとっては周囲に親世帯が住んでいることで時間に融通がきくようになります。
また、自分が体調を崩してしまった時など、周りに面倒を見てくれる人が住んでいると心強いですね。

・親介護などに対応しやすい
例えば親世帯に介護が必要になったとき、基本的にはプロに任せている場合でも、空いた時間に顔を出すことができたり、突然何か合った時に対応もしやすいのはメリットですね。
何より子世帯が近くに住んでいることで親世帯には安心感があります。

・プライバシーを確保できる
親世帯と子世帯が「近居」する場合では、完全同居の場合と異なりそれぞれの家庭のプライバシーを確保できますので、お互いに気を使いすぎて家庭内の空気が悪くなることも避けられますから、近くに住んでいるというメリットを最大限に活用できて、お互いの生活もゆとりができますね。

いかがでしたでしょうか。
この機会に、実家の近くに新築住宅を買うことについて考えてみてください。

北九州の賢く正しい家づくりコラム一覧に戻る

PageTopPageTop